新生銀行グループのノーローンのメリット

新生銀行グループのノーローンには、多彩なメリットがいっぱい。たとえば、来店不要の申し込み。新生銀行グループのノーローンなら、インターネット上のやり取りだけで、来店せずともカンタンに申し込み契約ができてしまいます。そして即日融資が受けられるので、急な出費にも大助かりです。また、新生銀行グループのノーローンなら、キャッシングは一週間何度でも無利息。五万円というまとまった金額を引き出したとしても、一週間以内に返済すれば、利息は一切かかりません。さらに完済日の翌月以降も借り入れだって一週間無利息。他社のように、一回限りということがないのが嬉しいですよね。新生銀行グループのノーローンさらに、パソコンや携帯電話のアドレスにあてて、返済日の連絡をしてくれるサービスもあります。返済日の三日前の通知はもちろん、返済日を過ぎてしまったときの通知もしてくれますから、大事に至る前に対処することができるでしょう。そして新生銀行グループのノーローンならではのポイントも上手に活用したいところ。新生銀行グループのノーローンを計画的に返済していると、お得なポイントがどんどん溜まっていくので、豪華な賞品と交換できますよ。

ローン用語のつなぎ融資とは

ローン用語でよく使われるつなぎ融資というのは、例えば住宅ローンで融資を実際に本融資が始まるまでに、業者などに支払う必要のある費用が手元にない場合、臨時で受けるローンを意味します。本融資が行われるまでのいわばつなぎになるという意味で、つなぎ融資と呼ばれているわけです。通常、公的な融資を受ける際に自分に所有権が渡った時に融資が開始されますが、その間に建築業者などに前金などを支払う場合がほとんどです。しかし、その費用がなければ融資を受けることもできなくなり、困ってしまいますが、つなぎ融資を利用すれば資金繰りのタイミングがうまく合うのでとても効率的だと言えます。主につなぎ融資が必要となってくるのは、住宅の建築が完了した場合の建築費用の残金になります。完成から融資実行までは2ヶ月ぐらいかかるため、つなぎ融資がうけられればその間に残金の精算ができるというわけです。ただ、つなぎ融資を利用するにあたり気をつけたい点もあります。まず、つなぎ融資を利用できない場合もあるので、融資を受ける金融機関などにあらかじめよく確認しましょう。更に、つなぎ融資にも金利がかかるし、金利以外にも印紙代や手数料なども発生するのでその分の支払いも頭に入れておく必要があります。